はるはるKOREA〜韓国大好き♡はるはるのよくばりライフ〜

韓国ドラマにハマリ韓国大好き♡に。 一日いち韓国!をモットーにブログを書いています。

韓国語講座でハングル検定に合格したおばちゃんに聞いた勉強法

blog_import_52f70404a1d74.jpg

今日は、公民館の韓国語講座の日でした。私の席は長机の真ん中。右隣さんは去年のクラスで一緒になり、同じタイプの男性が好みのお姉さん。左隣さんは今年のクラスで初めて一緒になったおもしろいおばちゃん。

このおばちゃん、もともとは韓国の方。おばちゃんが生まれて間もなく日本に来たので日本で育ったのですが、ご両親が韓国語を話すので小さい頃はしゃべっていたそう。でもだんだん日本語ばかりになり、ちゃんと韓国語を思い出したいからという理由で受講されています。

同じクラスから10人ほどハングル検定を受けたのですが、おばちゃんも受験。結果私は惨敗、おばちゃん合格!今日久しぶりに出会ったのですが、おばちゃんに合格の秘訣を聞いてみました。

わたし(以下わ)「わたしは単語力がないから筆記も聞き取りもわからないことが多かったけど、何をしたらいいでしょう?」

おばちゃん(以下お)「テキストで勉強するんじゃなくて、聞くことが大事だよ。繰り返し繰り返し覚えるぐらい聞くの。

わ「何を聞いてるんですか?講座のテキストのCD?

お「まあ、それも聞く。いろんな韓国語の本が出てるけど、CDのついてる本を買ってそのCDを聞いてる。」

おばちゃんここでゴソゴソとカバンから本を取り出し見せてくれた。

お「この本についてたCDを、会社に行くとき帰るときの車の中で毎日聞いてるよ。わからない単語は意味を調べてね。」

右隣のお姉さんは、検定は受けていないが今仕事で英語が必要になってきて上司からスピードラーニングをすすめられているそう。お姉さんの上司も

スピードラーニングは英語→日本語と英語のみがあるから、まず繰り返し繰り返し英語→日本語を聞く。その後英語のみをきくといいよ」

と言っていたらしい。

う〜ん、おふたりから話を聞いていると、とにかく「聞くこと!」が大事。わたしは今まで全くといっていいほど、CDを使っていない・・・(^_^;) 

中学から英語がはじまり文法中心の勉強をしてきたけれど全くしゃべれない。その失敗とも言える勉強法を韓国語でもやってしまったのでは? 韓国語も文法ばかりをやっても、聞き取れるか?・言えるか?といったらどちらも出来ないし。

次回のハングル検定にむけてわたしがやるべきことは、「繰り返し覚えるぐらい聞く!」ことと気づかせてくれたおばちゃんに感謝。今日も、講座に行ってよかったなぁ〜(・∀・)