韓国大好き♡はるはるのエンジョイ!よくばりライフ

韓国ドラマにハマリ韓国大好き♡に。 ドラマを字幕ナシで見たくて韓国語を熱烈勉強中!!

試験を受けるということ。

アンニョンハセヨ?はるはるです。

ハングル検定の日、試験終了後スマホをONにすると仲良しオンニからLINEが来ていましたラブラブ


やり取りの中で、「疲れた?」と聞かれた時は「まあまあ」と答えたのですが、電車に乗った頃からだんだん疲労が出てきまして…帰宅後は爆睡ぐぅぐぅぐぅぐぅぐぅぐぅ


わたしは、韓国語でこうなりたいという目標がなく、試験を目標に勉強するのもいいんじゃないかと書いたことがあります。 
わたしは実際、試験を目標に勉強してきました。


知人と試験のことで話をした時、試験より

会話にチカラを入れたいから!

と宣言されたことがあります。
わたしは、いきなりの宣言に目がテンになり、
心の中で自分がやりたいことをやればいいのに…と思いましたガーン


試験ってある意味、『戦い』です。
戦うか戦わないかは、自分次第。
わたしはその戦いに、年に2回挑みます。
その戦いが終わったあと、気が抜け疲労感というか脱力感がすごいのは、全力で戦ったから。


試験の帰り、先ほどの宣言をふと思い出しました。わたしにとって試験とは、

検定料を払い、自ら戦いに挑む

ということなのかもと思いました。


ハングル検定も、TOPIKも、受けようが、受けまいが自由。
ハン検3級でよくでる表現(笑)
たかが試験、されど試験。


『戦い』と思える試験を受けるのは、誰のためでもなく、

自分のため

戦うのは本番だけじゃない。
試験は本番だけではなく、試験までの過程にも戦いがあります。『誘惑』との戦いとか(笑)


でもわたしは、試験を受けるまでの過程が好きなんだと今回の試験勉強中に思いました。
いつも、試験勉強の過程で得られるものがあるから。


今回の試験で、諦めないことの大切さを身をもって体験したことは大きな収穫です。
疲労感。脱力感。今回は、エネルギーを使い果たした気さえするのに、この収穫があってまた次に向かって頑張ろう!と思えましたラブ


秋に戦うために、体力と知力(笑)をつけねば〜!
今ちょっと、セミの抜け殻みたいになってますが(笑)、ちょっとずつ中身を入れていきます。


では、今からスマ韓やりま〜す!